守ることは|犬の薬は個人輸入で!賢く通販を利用して時間を有効に

犬の薬は個人輸入で!賢く通販を利用して時間を有効に

守ることは

シートから出ている薬

個人輸入代行サイトを利用すれば、犬の薬をお得に購入することができます。
特に、毎回動物病院で処方してもらっている犬の薬にジェネリック医薬品があれば、半分以下の治療費に抑えることができるでしょう。というのも、個人輸入代行サイトを利用すれば薬代が安くなるだけではなく、診察料も発生しません。ですから、大幅に治療費を抑えることができるのです。

代行サイトであれば、通常の通販と同じような手順で犬の薬を注文できます。
ですが、簡単にできる個人輸入だからこそ、気をつけておかなければならない事があります。

ここでは、個人輸入代行を利用して犬の薬を購入しようと検討している方に向けて、気を付けておきたいポイントを紹介します。

まずは、お届けまでの期間です。
個人輸入は海外から商品を発送します。そのため、国内通販のように注文した翌日や2日後に届くということはありません。早くても1週間程度、遅ければ3週間程度はかかります。よって、今すぐ犬の薬が必要という場合には、動物病院へ行きましょう。

また、送料に関してもチェックしておきましょう。
海外から商品を発送しますので、送料は高いです。1000円を超える送料が発生するのは当たり前です。ただ、サイトによっては一定金額以上の注文で送料が無料になりますので、まとめ買いが難しい方は、送料無料サービスのあるサイトを利用しましょう。

次に、個人輸入の規則として、「注文者本人のペットに使用すること」と「一度に注文できる数量が決まっていること」です。
いくら安く犬の薬が手に入るからと言って、知り合いの分も一緒に注文する、注文したものを転売するというのは違法行為にあたります。よって、自分のペットに使用するものだけを注文しましょう。
また、犬の薬の種類によっても注文できる数量は違いますが、それぞれ上限がありますので必ず注文できる範囲内で購入しましょう。